埼玉の交通事故にくわしい弁護士にまかせた場合と一人で裁判を戦った場合ではどちらがお得なのか

  • 過去の実績
  • サポートの流れ・料金
  • よくある質問
  • 事務所概要

埼玉を中心とした交通事故の問題を解決いたします。

弁護士は、司法試験に合格して司法修習を受けた法律のスペシャリストです。
近ごろは、被害者側で入っている保険に、
「弁護士費用特約」というものがついていることが多くなっています。
この「弁護士費用特約」がつかえるならば、弁護士費用は
その保険から出ますから(ただし300万円まで)、保険会社に確認のうえ、
まようことなく弁護士をたのむとよいでしょう。

「弁護士費用特約」が使えないとき、弁護士をたのんだ方がよいか、
たのんだ方が得なのか、とまよわれる方は多いと思います。
理屈からいいますと、もしも、弁護士をたのまずに、「弁護士をたのんだ場合と同じ成果」を
あげることができるなら、弁護士をたのんだ場合より得をするといえるでしょう。

しかし、現実問題として、それまで素人だった方が、「交通事故にくわしい弁護士」なみの
知識を急にえて成果を出すことは、ほとんど不可能といっていいくらい困難です。
交通事故のためにつらい思いをしている中で、さらに苦痛を強いられることになるでしょう。
また、そもそも「弁護士をたのまなくとも弁護士をたのんだ場合と
同等の成果をあげることができるか」をあらかじめ知ることは不可能なのです。
事件が終了したあとでも、「弁護士をたのんだ場合と同じ成果だった」と
断定することは、まずできないでしょう。
ということは、「やっぱり弁護士をたのんだ方がよかったのか」
というなやみは消えないことになります。
つまり、得かどうか、で考えてみても、答えは出ないのです。
したがって別の観点が重要だと思います。
弁護士をたのんで交渉したうえ、保険会社が上限としての示談案を出してきたのであれば、
保険会社の示談案としては、これ以上のものは出てきません。
弁護士をたのんで訴訟を起こし、裁判所が最終的にくだした確定的判断(判決)は、
法治国家において、もはやこれ以上を望むべくもないものです。
つまり、弁護士をたのんで、適正な処理をしてもらうことで、
「やるだけのことはやった。」という心境になれるのです。
したがいまして、わたしとしては、弁護士をたのむことをおすすめします。
もっとも、わたしの経験上、被害者のみなさんは、弁護士をたのんだことによって、
たのまない場合よりも、経済的に「得」をされていることはたしかな事実です。

弁護士にも、いろいろなタイプがいます。
たとえば、依頼者に対しても、「余計なことは聞くな」とばかりに、
強圧的な態度をとる方がいます。
しかし、そういう弁護士のことを、かえって「強そうでたのもしい」
と好む依頼者もいるのです。
ですが、もし、あなたが、そういう強圧的なタイプはいやで、
じっくり話や気持ちを聞いてくれる弁護士がいいにもかかわらず、
うっかりと強圧的なタイプの弁護士にたのんでしまったら、
たいへんつらいことになります。
打ち合わせのたびに、いやな思いをすることになるでしょう。
弁護士には、途中でやめてもらうこともできますが、そのためには、
とてもいやな思いをすることになり、経済的な損失もともなうでしょう。
弁護士と依頼者とは、ある程度、長い期間のおつきあいになりますから、
自分と相性があう弁護士をえらぶことがたいせつなのです。

もちろん、専門的な能力をはかることはなかなかできません。
しかし、できる限りの情報から、あなたのかかえる事件について、
その弁護士が向いているかどうかは感じ取らなくてはいけません。
そういうことは、あなたと話しているときの話しぶり、
話す内容からもさぐることができます。
遠慮なく、いろいろとたずねてみるのがいいでしょう。
また、能力には、弁護士以前の能力というものもふくまれます。
弁護士という人種にはじめて会うという場合でも、
意味不明なことをいう人、礼儀を欠く人、大げさな自慢ばかりいう人、
お金がもうかるという話ばかりの人、非常識な人、
その他、信用のおけない人は、さけた方がよいでしょう。
上記A/Bに関連して重要なことですが、弁護士は、いろいろと調査をし、さまざまな書類をつくり、
口頭でも交渉し、裁判官を説得しなくてはなりません。
弁護士の仕事は、結局、個人的な知識、経験、人間力を総動員して取組む職人的な仕事なのです。
この弁護士ならだいじょうぶと思っても、その弁護士が途中でその事務所をやめてしまえば、
担当弁護士が変わってしまうことがあることにもご留意ください。

Copyright © 埼玉の交通事故 All rights reserved.